【なろう】愛くるしく漢らしい…「最強の黒騎士♂、戦闘メイド♀に転職しました」強烈な個性の騎士団員と繰り広げる世界?

小説家になろう
スポンサーリンク

この都度のタイトルは異世界転生でなく転生(生まれ変わり)モノ。

戦場を奇人のごとく駆け抜けた【黒騎士】の称号を受けた若き傭兵:オブライト。唐突訪れた死によって男から少女に転生(生まれ変わり)し使用人:戦闘メイドとしてアーバンド侯爵家に仕える「最強の黒騎士♂、戦闘メイド♀に転職しました」。

コミカラズを読んで面白そうで気になったんで記事うp。

作品の諸元

・投稿開始日:2017年7月1日
・作者:百門一新
・原作:オリジナル作品
・ジャンル:転生ファンタジー

進行具合

~少女に生まれ変わった黒騎士~ : プロローグ ~ 十九章
~亡霊編~ : 二十章 ~ 二十五章
~亡霊編/後日編~ : 二十六章 ~ 二十九章
~聖職者編~ : 三十章 ~ 三十四章
~婚約披露パーティー編~ : 三十五章 ~ 三十八章
~闇医者編~ : 三十九章 ~ 四十三章
~ダークホース編~ : 四十四章 ~ 四十八章


連載中

掲載サイトからの概要を引用

二十七歳の若さで死んだ、最強にして最凶の黒騎士オブライトは、大きなリボンが似合う可憐なメイド、マリアとして生まれ変わる。

戦闘メイドとして侯爵家で楽しく過ごす日々だったのだが、世話をしているリリーナ様の見合い話から、十六年ぶりに迷惑で厄介だった後輩や同僚兼友人達と遭遇していくことになり、真相が判明していない、オブライトだけが知る前世の死にも関わっていくことに・・・・・

--つかお前ッ、人様ん家で迷子になるなよ迷惑だから!というかお前も、いきなり可弱い乙女に切りかかるとか阿呆かぁぁあああ!

まとめ

冒頭でも述べたがコミカライズから面白そうと興味を持ちWeb版のオリジナルから読んでいますが、「六章 女性恐怖症の文官と、毒薬学博士な賢王子」から不穏な空気で(まぁソレ以前からですが)オブライト自身の死についてもなにやら伏線?みたいなものを勝手に想像してしまったが、Web版を読んでやっぱ良かった。

転生といってもたった16年で転生するのも速い気がするが、それもいろいろと設定絡みであるんだろうなぁとwww

性別が変わったことにより思考や態度がギコチ差がでてくると思うんだけどそのへんはすっ飛ばして気持ちのいい漢らしさがある愛らしいメイドがドタバタと活きているのが浮かんで楽しい。

コミカライズのタッチも良く、自分にはこれが合っている。やはりこうゆう内容にはゆるやかな線画タッチが合う。

タイトルがWeb版と書籍、漫画で一部削られているがこれも大人の事情というヤツでしょうw

ノベル、コミックなど

電子書籍:kindle ノベル

最強の黒騎士、戦闘メイドに転職しました (1) 【小説版】 (一般書籍)

新品価格
¥1,222から
(2021/2/19 21:57時点)

最強の黒騎士、戦闘メイドに転職しました (2) 【小説版】 最強の黒騎士、戦闘メイドに転職しました(ノベル) (一般書籍)

新品価格
¥1,426から
(2021/2/19 21:57時点)

最強の黒騎士、戦闘メイドに転職しました (3) 【小説版】 最強の黒騎士、戦闘メイドに転職しました(ノベル) (一般書籍)

新品価格
¥1,222から
(2021/2/19 21:58時点)

最強の黒騎士、戦闘メイドに転職しました (4) 【小説版】 最強の黒騎士、戦闘メイドに転職しました(ノベル) (一般書籍)

新品価格
¥1,300から
(2021/2/19 21:58時点)

最強の黒騎士、戦闘メイドに転職しました (5) 【小説版】 最強の黒騎士、戦闘メイドに転職しました(ノベル) (一般書籍)

新品価格
¥1,300から
(2021/2/19 21:59時点)

電子書籍:kindle コミック

最強の黒騎士、戦闘メイドに転職しました (1) (バーズコミックス)

新品価格
¥624から
(2021/2/19 21:55時点)

最強の黒騎士、戦闘メイドに転職しました (2) 【電子限定おまけ付き】 (バーズコミックス)

新品価格
¥693から
(2021/2/19 21:55時点)

最強の黒騎士、戦闘メイドに転職しました (3) 【電子限定おまけ付き】 (バーズコミックス)

新品価格
¥624から
(2021/2/19 21:56時点)

最強の黒騎士、戦闘メイドに転職しました (4) 【電子限定おまけ付き】 (バーズコミックス)

新品価格
¥644から
(2021/2/19 21:56時点)

 

コメント