【カクヨム】召喚されたけど、みんな攻撃職でない!?「勇者召喚が似合わない僕らのクラス」。ユウモア溢れる職業で面白い

カクヨム
スポンサーリンク

今回はかなり変わった学生異世界召喚モノ。

意表をついたユウモア溢れる職業やスキル名。「職業:〈傍観者〉、スルー」、「職業:〈学生〉、センタリング」などといった変わり種のゆるり冒険譚で、カクヨムから「勇者召喚が似合わない僕らのクラス」。

それにしても主人公?である高槻 悠の性格が良い味を出していて面白い。異世界召喚の変わり種。

 

作品の諸元

・投稿開始日:2016年5月24日
・作者:白神 怜司
・原作:オリジナル作品
・ジャンル:異世界召喚

 

進行具合

・Ⅰ「これは酷いキャスティングミスだ」と思わずにはいられなかった
・Ⅱ 迷宮都市で最も恐れられる男
・Ⅲ 世界樹とエルフの涙
・Ⅳ 信じる少年、信じた少年
・Ⅴ 星の記憶
・Ⅵ 初代勇者と傍観者

連載中(なお、2018年7月31日に更新で止まってる・・・)

 

掲載サイトからの概要を引用

「チート? レベルを上げてステータスを上げろ? それ、僕に対する嫌味ですか?」

「真正面から戦えって? あはは、無茶言わないでよ。

使えるものはとことん使うに決まってるじゃない」

そんな主人公――高槻 悠――の物語が、ここに開幕する――――。

まとめ

最初のⅠ章?は少し物足りないというか、ここからどう面白くなるのか不明だったが、Ⅱ章の迷宮都市にいってからが面白くなった。

冒険者登録で相手をあそこまで、おちょくれるとはある意味、俺TUEEEでは無いだろうか?。まぁ物理的では無いが巻き込むのがウマイ?。

まだⅢ章までしか読んでいないが、結構おもしろいです。 難を言えば更新が2018年7月を最後に1年以上、いやしばらくしたら2年更新が止まってしまっていることだ!

はよ続きを書くのだ!! (´・ω・`)

 

勇者召喚が似合わない僕らのクラス

コミカライズ

 

電子書籍:kindle ノベル

     

 

電子書籍:kindle コミック

 

 

コメント