【なろう】小説は面白いのに、「人狼への転生、魔王の副官」。コミック版は手抜きかっ!?

小説家になろう
スポンサーリンク

今回は異世界転生モノでなろうから「人狼への転生、魔王の副官」。

魔王軍の人狼に転生した主人公であるヴァイト。
魔族と人族との争いで、ヴァイトの考えは他魔族とは異質で人族との融和を考え、交易都市リューンハイトを攻略して物語が膨らんでいきますが、今代の魔王も異世界転生と聞かされて・・・・。

内容的にスラスラと逝った感じで読め、主人公であるヴァイトはチート能力は無しです。そのかわり人種的な肉体的能力が高い為、チートは要らない感じ?w

作品の諸元

・投稿開始日:2015年7月22日
・作者:漂月
・原作:オリジナル作品
・ジャンル:異世界転生

進行具合

・本編 全373話
・外伝 全41話
  ※話数がカウントされていなかったんで、数をかぞえるのがシンドかったワイww

本編:2016年12月30日にて完結、外伝:2017年6月30日にて完結。

掲載サイトからの概要を引用

人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトは、魔王軍第三師団の副師団長。辺境の交易都市を占領し、支配と防衛を任されている。
元人間で今は魔物の彼には、人間の気持ちも魔物の気持ちもよくわかる。おかげで周囲からは知勇兼備の名将だと思われているが、実際は苦労の連続だ。
やたらと暴力に訴えがちな魔物たちを従え、すぐに文句を言う人間たちも何とかして、彼は今日も魔王軍の中堅幹部として頑張る。

まとめ

物語的にも内容が濃く長いです。
読み応え十分ですヨ!

物語、小説としては良いのですが、コミック版がかなり残念な感じです。
ベタ白黒しすぎて昼なのか夜なのかわかりにくいといったかなり独創なタッチで描かれています。

小説側の内容が良く出来ているのにコレでは非常に残念と言わずにはいられない。
もう少しなんとかならんのか!と・・・。原作者は良くこれでOKしたなぁっと。

ノベル、コミックなど

電子書籍:kindle ノベル

電子書籍:kindle コミック

コメント