小役カウントアプリ、現状について・・・

アプリ:パチスロ小役カウンター
スポンサーリンク

ども今回は自作しているパチスロの小役カウントアプリのお話。

当ブログで公開しているパチスロ実践(プレイ)で使っているアプリの画面構成は以下の通り。

掲載した写メの左:初期バージョン、右:次バージョンと比較掲載して置きます。んで、以下、初期バージョンをV1、次バージョンをV2と表記します。

 

初期画面

 

V1とV2との違いとして、まずは一番上のメニューボタンを2行から1行へ変更。2行にするとそれだけ1画面に表示できる内容が減るのもありで、V2では簡素にしたかったって理由もあります。

また、プレイ機種の開始状態を表示する部分を上下逆にしました。メニューボタンとの誤操作を回避する為?と思い変更したんですが・・・先日の実践では微妙と言ったところwww

 

小役カウンター

 

採取する小役に絞った形に変更。 小役のカウントなのでV2では、ART、AT、RT中であろうがこちらの画面に集約してしまった方が楽かと。

それに、採取する小役もそんなに無い!?と思ったのも理由です。今後の機種で増えなければ嬉しいなっと。

また、テイルズ オブ シンフォニアのように、ART中お店のデータカウンタが動かないモノがあるとイケないので、って言うか自分の逝くお店がそうなので、ART数を入力及び総ゲーム数へと加算できるようにも対処

 

BOUNSカウンター

 

V1とV2とでは大きな違いはないですが、カウントしたデータの設定期待度として、期待度が表示できるように機能追加した。ボタン:全期待値

この設定期待値の計算方法が難しく、プログラム上にコーディング出来なくてムラムラしていたんですが、とあるサイトでWeb上で期待値表示させているサイト様を見つけて歓喜し、この都度V2へ追加した次第です。

いえ、公式は知っておりましたがコーディングができなかったんですwww

おかげで、設定1から設定6までの期待が何%あるかを表示出来るようになりました。感謝です!!

 

BOUNS中小役カウンター

BOUNS中にカウントする場合に使用。おもに、エヴァ? 写メはV1のみで、V2では看破要素へ移動。

 

ART中小役カウンター

こちらは、ART、AT、RT中にカウントする際に使用。いまのところ、自分が打つ台には使用することが無いwww

写メはV1のみで、V2では小役カウンターへ移動。

 

看破要素

 

小役カウント以外で設定推測に必要かと思われる事をカウントする際に使用。まぁ、まどマギでスイカからCZへの当選確率を見たいと言った具合?

V1では、看破要素のみでしたが、V2では簡素にするために、要素を縮小して、こちらにBOUNS中小役のカウントを持ってきました。採取する数も少なくしています。

 

MEMO(実践メモ)

 

実践メモです。何G数でボーナスが当たったとかボーナス中に7揃したとかメモする為のもの。V1、V2とでは大幅に変更。

V1では、わりと集約できたかなぁと思ったんですが、ボタン:STAGEとかを押すと各種選べるステージ名がダイアログで表示されます。こんなふうに。

 

しかしながら、実際に打ちながらやっていると選ぶのに結構手間が・・・それに、それだけ打つのが遅くなると。まぁ、メモしなけりゃエエってことでしょうが、ブログをヤッている身ともなると、公開したいと言うかなんというかwww

それで、V2では極力手間を省くためにいろいろと項目を削った形にしましたが・・・・先日の実践でヤッパ削りすぎた感がハンパねぇwwwなので、次のバージョン?ではダイアログでなくスピナー(プルダウンリスト)形式にしようかと現在、思案中。それでも、入力を簡素にしたいと思う。

それと、V2でのボタン:ボーナス部分ですが、起動時は「BOUNS01」とか表示されますが、プレイする機種を選択すると、

 

 -> 

のように、機種に合わせたボーナス名を表記するようにしています。まぁ、これが出来るのであれば全ての項目も機種毎に設定してみては?と思うところですが、そのへんはオイオイということでwww

 

画面の写メを掲載し大雑把に各説明をさせていただきましたが、如何でしたでしょうか?これが、ド素人ながら自作したアプリです。

 

以上、自作アプリの近況でした! マル

 

コメント