自分のパスワードが過去に漏洩?チェックできるサービス「Pwned Passwords」て大丈夫なの?

雑記
スポンサーリンク

昨日の夜、サイト:Gigazineさんを流し読みしていた時に見つけた記事。

Gigazine無料で自分のパスワードが過去の漏洩データに載った危険なものかどうかをチェックできるサービス「Pwned Passwords」

これって、スゴク気になる事ですよね?パスワードってぇのは大事な大事な鍵です。銀行系のパスワードが漏洩になって全世界に晒された堪ったものではないです。

ですが、私はふと思いました。

安易に試して大丈夫か?と・・・

 

どうして危険と思ったのか?

何故、私が危険と思ったのか書きたいと思います。

こういったシステム自体は望ましいと思います。情報は大事ですが、

紹介する上での注意事項を先に述べてほしかったと思う。

断っておきますが、決して記事にしたGigazineさんにクレームを付けている訳ではないんですよこうゆうものの情報は大事です。大いに展開してほしいです。

まず、パスワード、漏洩は昨今スゴク過剰に敏感になっています。 なので、すぐにでも「自分のは大丈夫か?」と恐怖が徐々に高まり知りたくなり、自分が使っているパスワードをWebから入力してしまうと思います。

そこで、一旦冷静になって止まれば良いですが、一旦恐怖心が高まるとそうは心のブレーキは効かないと思います。慣れていれば大丈夫かと思いますが…。

出来ればWeb入力は極力控えたいと思うですよねぇ・・だって、その入力されたパスワードをそのWebが蓄積していないとも限らないから・・。

 

私としては、こうしてほしいなぁと...

Webからの入力でなく、ペラページとして過去に漏洩されたパスワード羅列公開して、ブラウザの検索機能で調べれば危険ではなくなるのでは?と思った次第です。

件数も50億個らしいので難しいとは思いますが…。

 

まとめ

疑ってばかりではしょうがないですが、安易に試すことはしてほしくないと思います。危険を承知で、自分で対処できるなら問題ないかと。

このチェックサービスもVerUPされて漏洩したパスワードが過去何回使用されたのかもカウント表示されるようになり、如何にそのパスワードの使用頻度があるのかもわかるので良い事だと思います。

また、このチェックサービスの使い方にもよると思います。チェックしたパスワードはそのまま使用しないで何か付加(記号など)すればエエかなぁ?と思う。

最後に、もう一度。リンク先を貼りますが、

サービスを利用する際は自己責任でお願いします。

Gigazine無料で自分のパスワードが過去の漏洩データに載った危険なものかどうかをチェックできるサービス「Pwned Passwords」

断っておきますが、決して記事にしたGigazineさんにクレームを付けている訳ではないんですよこうゆうものの情報は大事です。大いに展開してほしいです。

コメント